※当店に来る以前に摂取したワクチン証明書、血統書等はお付けしていません。
 ※当店でのワクチン接種がある場合は、各ペットの紹介文の中に明記してあります。

 ※当店に来る以前に摂取したワクチン証明書、血統書等はお付けしていません。
 ※当店でのワクチン接種がある場合や手術を行なった場合は、各ペットの紹介文の中に明記してあります。
 
「ハッピーカラー(はぴから)」のコンセプト
 

当店では、急な事情でペットを飼えなくなってしまった場合や、十分に相手をしてあげることができなくなってしまった等々、様々な事情が原因で
飼い続ける事が困難になってしまった、または別の方に飼ってもらったほうがペットにとっても幸せな環境で暮らせるのではないかとお悩みの方やペット達の
幸せのお手伝いをしたいと考え、
「ハッピーカラー(はぴから)犬」と称して里親募集犬の引取り、譲渡のマッチングサービスを始めました。

 
現在、里親募集犬を引取る手段としては、保健所から引き出してきた収容犬等を愛護団体が保護し、譲渡会等において里親になる方法等がありますが、
里親希望者の年収や家にいる時間、家族構成や家の広さ等々、様々な制約条件をクリアし、長期のトライアル期間を経てようやく新たな家族として迎え
られるようになります。
 

また飼えなくなってしまった方が里親を募集する場合も、保健所に連れて行く以外の方法では民間の預かりサービスや愛護団体に預ける方法もありますが、
多額の料金や寄付金が必要となるケースもあり、里親を募集している方、里親を希望している方、その双方にとって命のリレーのハードルが高くなって
しまっている
のが現状です。
預けることや譲渡することに対するハードルを高くすること自体はもちろん悪いことではありませんが、その分預けるまでの期間や譲渡されるまでの期間が
長期化してしまうと、十分な飼育環境にない状態が続くことによりペットが人に対して攻撃的になってしまったり、懐かなくなってしまったり、気づかないうちに
病気が進行していたりといった弊害が逆効果となって生まれてしまうのも事実です。

 

「一生この子の面倒をみる」という決意は飼い始めたときは誰しもが持っているものだと思いますが、急に大病を患ってしまったり、子供に重度の喘息が発症
してしまったり、急に転勤が決まってしまった等、人生は予測不能な出来事の連続です。
それでも、人生は予測がつかないからといって、ペットと過ごす素晴らしい日々を諦めることもまた悲しいことです。「ハッピーカラープロジェクト」では、
そうした予測不能なことに対して厳しい規制やハードルを上げて次の「理想の」飼い主を探すのに長い時間を掛けることよりも、
「飼えなくなってしまったら、いつでも預けられる場所がある」という安心感を提供する事の方が、ペットにとって保健所やシェルターでの
首輪のない期間(飼い主がいない期間)を減らすことができ、里親募集犬の流通がこれまでよりずっとスムーズに流れるようになると考えています。

 

※はぴから犬は、飼い主さんの急な事情、やむを得ない生活の変化等により、愛情を持って育てられていた子を1日でも早く次の飼い主さんにスムーズに
  お引き渡しをすることを使命としています。
  飼育放棄の期間が長かったことにより、攻撃性のある性格になってしまった子や病気に気づかずに悪化してしまっている子、 治療費がかかるから、
  という理由や、高齢で面倒が見きれなくなってきたから、という理由での引取りに関しては一般の愛護団体等にご相談下さい。
※はぴから犬は、一般の飼い主のもとで育ってきた子の他、繁殖引退犬も扱っております。


Pets-Hop All Rights reserved. Since 2001.  通販法の表示 お問い合わせ